2005-01-06

「バリアフリー住宅(バリヤフリー住宅)のリフォーム」一口アドバイス5

5.床材について。

 床には木質フローリングと総称される材料が好んで使われています。 この床材は合板の上にうすい板材を張った物から無垢の木までいろいろあります。 無垢材としては、パインや杉やキリなどの、やわらかい木が好まれています。 無垢木は調湿性に富み、室内の湿度を適度に保つ働きがあります。

floor_and_baby

 私は高齢者のリフォームに好んで薦めている材料があります。

 ご高齢の方が家の中で転倒事故にあわれる一つの原因に、スリッパを履く事があります。 私はこのスリッパを是非、脱いで欲しいと思っています。

slippers 夏はべたつかず、冬は暖かい「キリ」の特徴を生かした床材があります。 新潟の冬の家での床の冷たさを解消してくれるその特徴を生かして、スリッパなしの生活をすることが出来ます。 また転んだときのショックを吸収するなど、「キリ」の床材は安全性の面でも非常に高いものです。

 「キリ」床材の暖かさを実際の体感で理解していただく方法で、普通のフローリングとキリの床材を冷蔵庫で一緒に冷やして、どんなに温度が違うか体感していただいたりもしています。 床暖房も好きでないと言われる方も多いですが、そんな時是非にと施工していただいた「キリの床材」は好評です。

ishimoku_floor

 私が使うキリの床材は新潟にある「株式会社イシモク」さんの「桐暖」です。 「イシモク」さんのキリの床材「桐暖」には、3M社のスコッチガードをと塗装材として使用されていて、透明度が高く、木の中に浸透して表面に硬い塗膜を作るので、キズつきにくく、みずや汚れをはじいてシミを残すことがないからです。 また、断熱性やクッション性にも優れており、脚や腰への負担が少ないと言われています。

▼株式会社イシモク
http://www.ishimoku.co.jp/

..

戻る ページトップへ

2005-01-06 in コラム-バリアフリー住宅(バリヤフリー住宅)のリフォーム

【 前の投稿 « 「バリアフリー住宅(バリヤフリー住宅)のリフォーム」一口アドバイス4 | ブログ・メイン | 迎春 » 次の投稿 】


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876028cfe970c0120a7004d8f970b

Listed below are links to weblogs that reference 「バリアフリー住宅(バリヤフリー住宅)のリフォーム」一口アドバイス5:

コメント